プロモーション広告を利用しています

QQEnglish

QQEnglish(QQイングリッシュ)のキャンセルはいつまでOK?注意点や手順をご案内!

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

この記事では、オンライン英会話・QQEnglish(QQイングリッシュ)のレッスンは、いつまでならキャンセルできるのか?

またいつまでならキャンセル料が発生しないのか?などについて、詳しくご案内しています。

結論から言うと、レッスン開始12時間前までならキャンセル料はかかりません!

しかし、12時間前を過ぎると時間の経過によってかかるキャンセル料が変わってきます。

また生徒側都合のキャンセルなのか、講師側都合のキャンセルなのかでも異なります。

ここではQQEnglishのキャンセル規定を1つずつ解説し、なるべく損をしないようにキャンセルする方法やキャンセルする時の注意点などをご紹介していきます!

QQEnglishのキャンセルはいつまでが無料?条件やペナルティを表で確認!

QQEnglishのレッスンをキャンセルした場合は、レッスン開始前のキャンセルとレッスン開始後のキャンセルで、返還されるポイントやチケットの枚数が異なります。

以下にそれぞれ、詳しく解説していきますね。

 

レッスン開始前のキャンセル条件

レッスン開始前 ポイント チケット
12時間以上前のキャンセル 100%返還 1枚返還
12時間~1時間前のキャンセル 50%返還 1枚返還
1時間を切り4分前までのキャンセル 100%喪失 1枚喪失

上の表にまとめたように、QQEnglishのキャンセルは12時間前までならキャンセル料がかからず無料でできます!

そのため、ポイントで予約した場合は全額返還、チケットもそのまま返ってきます。

しかし12時間前を過ぎてしまうと、返ってくるポイントがどんどん減ってしまうのでご注意ください!

12時間前を過ぎて1時間前までにキャンセルした場合、返ってくるポイントは予約したポイントの50%になります。

レッスンを受講していないのにポイントが半分減ってしまうので気を付けたいところですね。

チケットの場合は割ることができないのでそのまま返還されます。

次にレッスン開始1時間前を過ぎてしまうと、予約したポイントが全て喪失されてしまいます!チケットで予約した場合もそのチケットが失われます。

急な用事や体調不良などもあるので仕方ない時もありますが、受講せずにポイントが無くなってしまうのは悲しいですね。

 

レッスン開始後のキャンセル条件

レッスン開始後 ポイント チケット
連絡ありのキャンセル 100%喪失 1枚喪失
連絡なしで無断欠席 200%喪失 1枚喪失

次にレッスン前にキャンセルができなかった場合、「レッスン中のキャンセル連絡」という扱いになるパターンをご紹介します。

QQEnglishでは、レッスン開始4分前から「レッスン中」と同じ扱いになるので、レッスン開始4分前~レッスン中は事前キャンセルではなく「レッスン中のキャンセル連絡」という扱いになります。

以前はレッスン開始「15分前」からレッスン中と同じ扱いだったのですが、2024年6月現在は「4分前」からとなっています!

もしレッスン開始までにキャンセルできていなかった場合ですが、できる限りキャンセル連絡だけはするようにしましょう!

なぜなら、レッスン開始4分前からレッスン開始後25分の間にキャンセル連絡を入れると、予約したポイント100%の喪失またはチケット1枚喪失のみで済むのですが、「連絡なしの無断欠席」になってしまうと、「ペナルティ」として予約したポイントの「200%」を喪失してしまう事になるんです!

チケットで予約した場合は1枚喪失するだけで変わりないのですが、ポイントで予約した場合は「無断欠席」だけはなるべくしないように気を付けましょう!!

QQEnglish(QQイングリッシュ)のキャンセルに関する2つの注意点

ポイント

  • キャンセル操作ができるのはレッスン開始4分前まで
  • 遅刻でも受講・キャンセル手続きをすればペナルティを避けられる

上記二つがQQEnglishの(QQイングリッシュ)のレッスンをキャンセルする際の注意点です。

以下にそれぞれ、詳しく解説していきますね!

 

注意点①:キャンセル操作ができるのはレッスン開始4分前まで

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

QQEnglish(QQイングリッシュ)のレッスンをキャンセルする場合、「キャンセル操作」ができるのはレッスン開始4分前までとなります。

上記画像のログイン後のホーム画面にある「近日のレッスン」から予約状況を確認するページにある、「キャンセル」ボタンをタップすればレッスンをキャンセルすることができます。

ただし、レッスン開始4分前を切ると「レッスン中のキャンセル連絡」という扱いになり、操作画面が異なり以下のページが表示されます。

 

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

 

上記の画像が、レッスン開始4分前を切った時のホーム画面です。

「入室する」とオレンジ色のボタンがつき、その下に「レッスンキャンセル>>Click here」という表示が出てきます。

レッスン開始4分前以降からレッスン中のキャンセル連絡はここからしましょう。

 

注意点②:遅刻でも受講・キャンセル手続きをすればペナルティを避けられる

QQEnglishのレッスンをキャンセルし忘れてしまい、「無断欠席」となった場合には「ペナルティ」として予約したポイントの200%2倍)のポイントを失ってしまいます!

 レッスン受講をしていないのに2倍ものポイントを消費してしまうのはとてももったいないので、ぜひ避けたいところですね。

 もしレッスンの受講時間内にキャンセルしていない事に気が付いたら、「遅刻」でもいいのでレッスンルームに入りましょう!

 遅れてしまっても先生は温かく受け入れてくれますよ。

 またキャンセルをし忘れていたのにレッスンが始まってしまったが、体調不良等レッスンを受けられない状態だった場合は、レッスンが開始していても「キャンセル連絡」をしましょう!

 レッスン開始後でもキャンセル連絡をすることで「無断欠席」にはならないので、予約ポイントの200%を喪失するというペナルティは避けることができます。

 レッスン開始25分以内にキャンセルし忘れている事に気が付いたら、落ち着いて「遅刻で受講」もしくは「レッスン開始後のキャンセル連絡」をしましょう!

 

QQEnglishのレッスンをキャンセルする場合の手順をご案内

QQEnglishのレッスンをキャンセルするには、「レッスン開始4分前まで」と「レッスン開始4分前を切った後~レッスン中」の2通りあります。

それぞれのキャンセル手順を写真付きで詳しくご紹介していきますね!

 

レッスン開始4分前までのキャンセル手順をご案内

それでは、早速QQEnglishのレッスンのキャンセル手順をご紹介していきますね。

まずは、レッスン開始4分前までのキャンセル手順からのご案内から始めますね。

 

step
1
キャンセルしたいレッスンをタップ

QQEnglishキャンセル

出典:QQEnglish公式HP

「ホーム」画面の「近日のレッスン」からキャンセルしたいレッスンをタップ。

 

step
2
「キャンセル」ボタンをタップ

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

「レッスン詳細」画面で「キャンセル」ボタンをタップします。

 

step
3
確認画面で「キャンセルする」をタップ

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

次に、上記画像の確認ポップアップウインドウが開くので、「キャンセル」をタップをします。

 

以上の3ステップでキャンセル手続きは完了です!

最後の確認画面で返却されるポイントが表示されるので、しっかり確認しましょう。

 

レッスン開始4分前を切った後~レッスン中のキャンセル手順をご案内

レッスン開始4分前~レッスン中のキャンセル連絡は、「キャンセルの申請」という形になります。

もし教師がこの申請に気づかなかった場合は、一旦「連絡なしのキャンセル」として扱われ200%のポイントを消費してしまいますが、2~3営業日以内にポイントの調整をしてくれるようなのでご安心くださいね。

それでは、レッスン開始時間4分を切った後からレッスン開始後までのキャンセル手順をステップバイステップでご紹介していきますね。

 

step
1
「レッスンキャンセル>>Click here」をタップ

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

「ホーム」画面の「近日のレッスン」から、キャンセル連絡したいレッスンの枠内にある「レッスンキャンセル>>Click here」をタップします。

 

step
2
「キャンセル」ボタンをタップする。

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

次に、上記画像のページが開くので、「キャンセル」をタップします。

 

step
3
レッスン中の教師にキャンセルを申請する

QQEnglish キャンセル

出典:QQEnglish公式HP

次に、上記画像が開くので「確認」をタップすれば、キャンセル申請は終了です。

 

QQEnglishの指名予約をキャンセルする場合の注意点2つ

注意点

  • 生徒都合のキャンセルの場合は指名手数料の返却なし
  • 教師都合キャンセルの場合は代替教師とのレッスン希望可

QQEnglishのレッスン予約方法の1つである「指名予約」は、「指名手数料」として教師によるレッスンポイントの20%を加算する事で、「お気に入りの教師」と「指定曜日時間」でレッスンができる予約システムです。

この「指名予約」のキャンセルも、通常レッスンのキャンセルと同じ手順で行うことができます!

ただし、上記のリストで記載した通り、キャンセル時に注意が必要な点が2つあるので、以下に詳しくご説明していきますね。

 

注意点①:生徒都合のキャンセルの場合は指名手数料の返却なし

指名予約のキャンセル時に気を付けていただきたい事の1つ目は、「指名手数料」は返ってこないという事です!

以下が、QQEnglishで指名予約をする際に必要な手数料です。

指名手数料

25分レッスン:50ポイントの先生×20%=10ポイント(指名手数料)

指名予約を利用する場合は、講師ポイントの50ポイント+10ポイント(指名手数料)が必要なので、合計60ポイントを予約時に使用している事になります。

この為、生徒都合で12時間以上前にキャンセルした場合、指名手数料の10ポイントは返ってこず50ポイントのみ返却されるという事です。

同じように12時間前から1時間前のキャンセルであれば25ポイントのみ、1時間前を切ってのキャンセルは全ポイント返ってこないという事になりますね。

指名予約をキャンセルする場合には、指名手数料は返却されないのでご注意ください!

 

注意点②:教師都合キャンセルの場合は代替教師とのレッスン希望可

QQEnglishの指名予約で「教師都合」のキャンセルが発生した場合は、「20%の指名手数料」はそのまま返還、レッスンポイントはキャンセルされた時間に応じて「通常レッスンの教師都合のキャンセル」と同様にポイントが返還されます。

指名予約の教師都合キャンセルの場合、基本的にはポイント返却での対応になるのですが、「代替教師」とのレッスンも希望することができます。

予約する際に「要望・コメントを入力する」から進み、「代わりの教師がレッスンを行う」にチェックを入れておくことで教師都合のキャンセルがあった場合代替教師とのレッスンを希望することができます。

しかし、どの教師に代わりにレッスンして欲しいかの選択はできないのでご注意くださいね!

 

QQEnglishの教師都合でキャンセルの場合に返還されるポイントをご案内!

キャンセル時間 返還ポイント
12時間以上前のキャンセル レッスンポイントの100%
12時間前~1時間前のキャンセル レッスンポイントの150%
1時間を切ってのキャンセル レッスンポイントの200%

QQEnglishのレッスンにおいて、教師都合でレッスンがキャンセルされる場合は、キャンセルされた時間に応じて返還されるポイントが異なります。

上の表のとおり、レッスン開始時刻の12時間以上前のキャンセルは、予約したレッスンポイントがそのまま100%返却されます。

次にレッスン開始時刻の12時間前~1時間前のキャンセルの場合、50%加算されて予約したレッスンポイントの150%が返却されます。

さらに、1時間を切ってのキャンセルとなってしまった場合には、予約したレッスンポイントの200%(2倍)のポイントが返却されます。

急なレッスンのキャンセルは生徒側に迷惑がかかってしまう事を考慮して、ポイントを加算して返却してくれるシステムとなっているんですね。

 

QQEnglish(QQイングリッシュ)のキャンセルでペナルティを避ける3つのコツ

QQEnglishのレッスンは、予約をしていたことを忘れて「無断欠席」してしまうと「ペナルティ」として200%のポイントを喪失してしまいます!

レッスンを受けられなかっただけでなく、ポイントを2倍も消費してしまうのでダメージがとても大きいですよね。

かく言う私も、過去に一度「無断欠席」をしてしまったことがあり、その時は衝撃的すぎて少し落ち込みました。。。

ここでは、QQEnglishのレッスンキャンセルに伴う「ペナルティ」を避けるために、私が気をつけている事やコツをご紹介していきます!

 

コツ①:いつもの曜日と時間を大まかにでも決めておく!

QQEnglishの無断欠席に伴うペナルティを受けないために私がしている事の1つ目は、「いつもの曜日と時間」をだいたいでいいので決めておくことです。

1週間のスケジュールの中で、自分がレッスンを受けやすい曜日と時間をあらかじめ見つけておきましょう!

例えば、QQEnglishのレッスンはだいたい「水曜日の19時頃」もしくは「土曜日の10時ごろ」などと自分の中で設定しておきます。

そして予約を取る際に、なるべくその付近の時間帯で空いている先生を見つけて予約を取るのです。

時間は数時間の範囲で柔軟に対応させても大丈夫だと思います!

「水曜日の夕方か土曜日の午前中はQQEnglishのレッスンの予約しているかもなぁ」と自分が思い出せたらばっちりです!

あとはQQEnglishのホームページやアプリを起動して確認すれば予約の詳細を確認できますね。

 

コツ②:予約を取ったらすぐにスケジュール入力!

QQEnglishのペナルティを受けないためのコツ2つ目は、「予約を取ったらすぐにスケジュール入力をする」ことです。

みなさんスケジュール管理アプリやメモ機能、カレンダーなど何かしら自分の予定を管理しているツールをお持ちかな?と思います。

私はQQEnglishのレッスン予約を取ったら「すぐに」スケジュール管理アプリに入力をしています!

レッスン予約を取ったら「すぐに」がポイントです!

下の写真は私が利用している「timetree」というスケジュール管理アプリなのですが、レッスン予約を取ったらすぐにこのアプリに入力するようにしています。

そして、自分へのリマインド通知をオンにしておきます。私の場合、「1時間前」「10分前」「開始時」の全てのリマインド通知を設定しておき、絶対忘れないようにしています!

「予約を取ったらすぐにスケジュール入力」をするようになってから、「無断欠席」は一度もしたことがありませんよ!

 

コツ③:レッスン前日に予定の再確認!

QQEnglishのペナルティを受けないためのコツ3つ目は、「レッスン前日に予定の再確認をする」ことです!

QQEnglishのレッスンキャンセルは、レッスン開始時間に近ければ近いほど失うポイントが多くなってしまいます。

できればレッスンを受けていないのにポイントは失いたくない、ですよね。

QQEnglishのキャンセルは12時間以上前であればキャンセル料はかからないので、私はできるだけ「レッスン前日」に翌日のスケジュールに無理がないか、体調は良いかなどを確認するようにしています!

なぜ前日かというと、例えば水曜日の18時にレッスン予約をしていたとします。

もしキャンセル料がかからない12時間以上前にキャンセルしようと思うと、「朝の6時まで」なんです!

この時間、起きてるかどうか…もしくは朝の準備でバタバタしている頃か…。朝の時間は結構忙しいですよね。

急な予定変更や体調不良の場合は仕方ないのですが、前日に分かる範囲のことであれば前日のうちにキャンセルしておくと「ペナルティ」は受けずに済みますよ!

QQEnglish(QQイングリッシュ)のキャンセル条件や方法についてのまとめ

QQEnglishのレッスンを生徒側の都合でキャンセルする際には、キャンセル規定に注意しましょう!

レッスン開始時間の12時間前までならキャンセル料はかかりませんが、12時間前から1時間前までは予約したポイントの50%を失い、それ以降は100%のポイントを失ってしまいます。

一番避けたいのは「無断欠席」によるペナルティを受けてしまう事です。

QQEnglishのレッスンを無断欠席してしまった場合は、予約したポイントの200%(2倍)のポイントを失ってしまうので注意してくださいね!

「無断欠席」によるペナルティを受けないためには、①「だいたいいつも曜日と時間」を自分で設定しておくこと、②「予約を取ったらすぐにスケジュールを入力する」、③「レッスン前日に再確認する」などをしておくといいですね!

-QQEnglish